住宅品質へのこだわり - いえものがたり

最新情報

住宅品質へのこだわり

イシンホームの住宅は、高気密、高断熱、耐震性の高い仕様になっていますが、それをベースにして、当社ではさらに、他社では通常は行っていない内容を標準仕様の中に取り入れています。

全ては、長くお住まいなるお客様の資産を守ること、そして大地震などの有事でも家が家族の命を守るために必要なことだと考えて、実施されています。

 

全棟構造計算を実施しています

当社ではいったん設計図面が完成した段階で、第三者機関である「住宅性能評価センター」に構造計算の算出を依頼し、想定している仕様にあった構造になっているかどうかの確認を行っております。

住まいのデザインは優先されるべきですが、肝心な耐震性、耐久性を残っては意味がありません。構造計算を外部機関に依頼し、他者の目が入ることによって、より安全な住宅の設計へと進化していきます。

 

基礎の配筋を通常より多くしています

家を支える基礎の部分、イシンホームの住宅では不同沈下に強いベタ基礎を使用しております。ベタ基礎とすることで、床下に納められたEco-i換気システムが、全館空調を行えるようになっています。

また当社独自の仕様として、使用されている鉄筋の間隔を従来必要だと言われている量よりも間隔を狭めて、より多く配筋してあります。鉄筋の量が増えるとそれだけ基礎の構造も強化され、より地震に強い基礎になります。

ここまでの基礎を用いている木造2階建て住宅はなかなかありません。

 

今後も進化し続けます

私たちは、いろいろな知識を吸収し、そして工法を学ぶことで、より住宅が長い間使えるものとなること、そしてお客様の資産価値がより高まる方法を考えながら、工法を選んでおります。

今後も有効だと思われる工法を採用して、お客様にお伝えをしていきます。