国産桧柱 - いえものがたり

国産桧柱

日本の建材として使われてきた桧

日本人の生活、そして家づくりに、昔から建材として使用されてきた桧。古くは、法隆寺も桧を建材として建立されて、その木材の質と工法により、1300年以上に渡って、立派に建っています。同じように建材としてよく使われれる杉と同様に、縦に長く伸びていくので、縦の方向に強く、いえものがたりでは柱として使用しています。

国産桧材を柱として使用します

建材として使用されてる杉に比べると、使える太さまで生育するのに2倍近い期間が必要で、その分のコストも高くなっています。しかしその分、木目が詰まった強い木材になります。桧は油分を多く含み、腐れにくく耐久性が高い、世界に誇れる木材です。

また、桧は無垢材で使用すると、1本1本の個体差が大きく、均一にバランスの取れた骨組みになりにくい面もあります。いえものがたりでは、桧を集成材とすることで、より均一に強い木材にして使用しています。

 

Date:

 

いえものがたりの太陽光発電所

太陽光発電所案件

住宅ローンセミナー

家づくりのためのQ&A

土地・住宅情報

ZEHについて

イシンホーム住宅研究会

夢ハウスパートナー

woodone ones cubo

朝日I&R

athome

athome

資料請求

お問い合わせ