高気密、高断熱の注意点

昨今の住宅は高気密、高断熱があたり前のように言われておりますが、厳密に言うと建築基準法では一般の木造住宅に気密や断熱の縛りはないのが現状です。

住宅会社ではこの高気密、高断熱の仕様にし、より快適な暮らしができるよう断熱や気密の施工に力を入れております。

発泡ウレタン吹付け

しかし、この高気密、高断熱の仕様にする際は内部結露という事には十分注意が必要です。

高気密、高断熱の仕様は内部と外部に温度差が生じ、それによって結露し、カビを発生させ、構造体等に大きな悪影響をもたらします。

よって内部は喚起、外部は通気が必要不可欠となりますがまだこの喚起や通気をしっかり施工できてない業者がたくさんいるのが非常に大きな問題になっております。

是非、住宅をご検討している方は住宅の耐久性もしっかり確認して住宅会社を選んでみてください。

 

いえものがたりの注文住宅

施工実例

詳しくはこちら

資料請求

来場予約

ホーム
来場予約