いえものがたり
来場予約
資料請求
メニュー

 

ベタ基礎を採用しています

いえものがたりの注文住宅では、ベタ基礎を標準仕様にしています。

ベタ基礎は、布基礎に比べて、家の荷重を床面全体で受け止めて建物を支えるので、負荷が分散して不同沈下に強いと言われています。

一般的な布基礎

布基礎は、土台などが取り付けられる場所のみにコンクリートの基礎を用意するため、室内側でも土があらわになった状態です。地面から水分があががって来る場合もあり、床下の通気性を高めておく必要があります。

いえものがたりのベタ基礎

いえものがたりの注文住宅の場合にはベタ基礎として、その中に防水シートを入れることで、床下に水分が入ってくることを防ぎます。またその土地が持っている熱である「地熱」を利用して、夏は涼しく冬は暖かくことをサポートします。

また基礎の内側には、ポリスチレンフォームを貼り付けることによって、基礎で断熱を行っています。これは北海道の住宅などで採られている方法で、外気と触れる基礎部分からの熱の出入りを防ぐことができます。

いえものがたりの注文住宅では、床下の空気と室内の空気を同一のものとすることで、基礎の内側の空気をいつも新鮮に保ちつつ、地熱の活用も行っています。基礎と土台の隙間は限り無く少なくし、その間に減震装置UFO−Eを挟むことで、大きな地震の時には地震の力を弱めて、住宅が壊れることを防ぎます。

いえものがたりの注文住宅は、
住宅にかかるさまざまな費用をちょうどよく配分した、
お客様にとってちょうどいい住宅をご提案いたします。

皆様のご来店を心からお待ちししております。

 

いえものがたりの注文住宅

施工実例

詳しくはこちら


資料請求

来場予約