梅雨の季節は室内干しスペースが便利です

そろそろ梅雨の季節が近づいてきました。
長雨が続くと、なかなか洗濯物が乾きにくくなりますよね。
家を建てる時には、前もって乾燥スペースのことも考えておのが良いですよ。

部屋干しスペース施工実例

例えばこちらの御客様の注文住宅では、洗面スペースを広く取って、衣類の乾燥までできるようにしています。
洗面スペース内に、乾燥した衣類を置いておける収納棚をつけることで、洗濯から、乾燥、収納まで1箇所で行うことができます。

部屋干しスペース施工実例

こちらの御客様の注文住宅では、主寝室の隣に乾燥スペースと収納棚を設置しました。
納戸のようにしつつ、主寝室と廊下のどちらからも出入りできるようになっています。
また窓からベランダへと繋がっているので、天気のいい日にはベランダで干すのも簡単です。

インナーバルコニー施工実例

こちらの御客様の注文住宅では、室内干しのスペースとは別に、インナーバルコニーにしておくことで、急に雨が降ってきても、洗濯物が濡れずに済むようになっています。
宇都宮は夕立の多い地域で、外に洗濯物を干しておくのは心配ですが、インナーバルコニーであれば、濡れにくくなります。

スペースを上手く活用することで、洗濯が楽になり、快適に過ごせるようになります。
家事の手間を省くことにもなります。

 

いえものがたりの注文住宅

施工実例

詳しくはこちら

資料請求

来場予約

ホーム
来場予約