いえものがたり
来場予約
資料請求
メニュー

 

熱対策は窓が重要!ペアガラス+樹脂サッシ

家の中で一番熱対策が必要な場所は、実は窓が重要です。

夏の熱い空気は、窓から一番入ってきますし、冬に部屋を温めても、窓から一番逃げていきます。いかに窓からの熱の出入りを少なくするかがポイントになります。

窓ガラスを複層にして、間に空気の層を作ることで、熱が逃げにくくなりますが、さらにその2枚のガラスの間に、Low-E金属膜をつけることで、太陽の日射熱を50%以上カットして、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃しません。冷暖房効率をアップして節電にも貢献しています。

またいえものがたりでは注文住宅を建てる際に、2枚のガラスの間にアルゴンガスが入ったタイプを使用しております。アルゴンガスは通常の空気に比べて熱を伝えにくい物質で、より断熱の効果がアップします。

そして、窓枠はオール樹脂を使用しています。

樹脂の熱の伝わり方はアルミの約1000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

樹脂サッシ+Low-Eペアガラスの組み合わせで、通常のサッシに比べると約4倍の断熱性能があります。

いえものがたりの注文住宅は、
住宅にかかるさまざまな費用をちょうどよく配分した、
お客様にとってちょうどいい住宅をご提案いたします。

皆様のご来店を心からお待ちししております。

 

いえものがたりの注文住宅

施工実例

詳しくはこちら


資料請求

来場予約