DMM.make smart

「もしも」の時も安心。スマートなエネルギー生活を、始めよう。

地震や台風・強風、事故による停電はいつ起こるかわかりません。「DMM.make smart」があれば、もしものときもいつもと同じように快適で安心な生活をすることができます。また、太陽光発電や燃料電池(エネファーム)と組み合わせれば、エネルギーの自給自足も夢ではありません。

「DMM.make smart」で安心のエネルギー生活を。

 

1日の電気使用量をまかなえるから安心!

「DMM.make smart」は9.8kWhの大容量。平均的な家庭の1日の消費電力をまかなえます。また、通常時も停電時も最大3kVAの高出力なので、一度に多くの電化製品を使用できます。

さらに、蓄電池がほぼからの状態でも、約3時間※1で満充電にする事ができるので安心して使用できます。

※1 使用環境によっては充電に3時間以上かかる場合もあります。

エアコンやIH調理器も使えるので安心!

「DMM.make smart」は3kVAの高出力。エアコンやIH調理器、エコキュートやエネファーム(燃料電池)などの200V機器にも対応※2しているので、オール電化のご家庭も、エネルギーの自給自足を目指すご家庭も安心して使用できます。無停電電源装置ではありません。※3

※2 機器によっては稼動できないものもあります。
※3 停電時には、一度お家の電気は切れます。家電製品の再設定などは必要になりますので、ご注意ください

停電時も太陽光発電が利用可能

一般的な蓄電システムの場合、停電のときは系統からの電力供給が止まるため、太陽光発電は自立出力1.5kWまでしか出力できないようになっています。

しかし、「DMM.make smart」は、独自のシステム制御により通常時と同様に太陽光発電を稼働させ、発電した電力を家庭内で使用することができます。

また、余剰電力がある場合は、最大3kVAまで「DMM.make smart」に蓄電することができるので、夜になっても安心して過ごすことができます。

停電時もエアコンやIH調理器を使える!

「DMM.make smart」は停電時も200Vの出力が可能です。停電になっても、エアコンやIH調理器、エコキュートやエネファームなどの200V機器を使用できるので、いつもと変わらず快適に過ごすことができます。

また、就寝しているときに停電になっても、「DMM.make smart」は停電を検知し、自動的に蓄電池にためた電気の放電を開始するので安心です。

※実際の電気の利用状況・設置状況等により、蓄電システムが利用できない場合がございます。

全負荷型なら家中のコンセントを使用可能

定置型蓄電システムは、分電盤への接続の仕方によって特定負加型と全負荷型に分けることができます。

特定負荷型は分電盤の中で設置時にあらかじめ選択したエリアだけをカバーするものです。停電したときのことを想定して、電気を供給するエリアを選択することが重要になります。

一方、全負荷型の場合は、家全体をカバーできるため、設置時にエリアを選択する必要はありませんので、もしもの備えとしては、全負荷型の方が安心です。

全負荷型の停電時にご利用可能な電力は、蓄電システムの放電電力と太陽光発電で発電した電力になります。太陽光発電は天候により変動するため、6kWの太陽光発電の設備の場合、半分の発電電力として、全負荷型の負荷は6kVA以内を目安にご使用ください。

残量設定で電気を使い切る心配なし

「DMM.make smart」は、蓄電池にためた電気を使い切ることのないよう、残量を可能な範囲(0〜90%)で設定することができます。蓄電池にためた電気が少ないときに停電になることが心配な方は多めに残量を設定することで安心して使用できます。

○蓄電容量が残量設定に達したら蓄電システムは放電を停止します。

○残量設定を下げると放電が始まり、蓄電池の電気を利用することができます。

※ 残量設定範囲は、0%から90%の範囲で設定可能です。 ※モニターにはシステム維持用の電力を除いた容量を0〜100%で表示しています。 ※出荷時の連系時放電停止残量設定値は10%です。 ※放電停止残量は連系時と停電時で個別に設定できます。(停電時の設定は連系時の設定より大きく設定することはできません)

 

       
Facebook Twitter Instagram

 

       

いえものがたりの太陽光発電所

太陽光発電所案件

住宅ローンセミナー

家づくりのためのQ&A

土地・住宅情報

ZEHについて

夢ハウスパートナー

athome

athome

株式会社RisingSun

資料請求

お問い合わせ