ジャストオーダー
ジャストオーダー

仕様をオーダーする

空気・換気編

現在、住宅を建てるにあたり、24時間換気が義務づけられています。2時間に1回、外の空気と入れ替えるよう取り決められており、住宅内のシックハウスに関する化学物質の濃度を下げることが換気の目的です。

換気には3種類の方法があり、「第1種機械換気」・「第2種機械換気」・「第3種機械換気」に分かれます。

いえものがたりでは主に「第1種機械換気」を採用しており、冷暖房の効果を損なわぬよう、熱交換式の換気システムをおすすめしております。

熱交換換気システム

省エネの仕組みを詳しく見る
PM2.5・花粉対策を詳しく見る
ハウスダスト対策を詳しく見る

熱交換換気システムとは健康面、快適面、省エネ面を上手に組み合わせたハイブリッド換気システムです。
第1種機械換気システムでありながら、床下空間にて給排気の熱交換を行います。

一般的には全熱交換器は、70%の熱の交換率ですが、Eco-i換気システムでは約90%の熱交換率を誇ります。

冷暖房の効率を落とさず、快適性・省エネ性にも貢献します。床下換気のため、冬場は床が冷えにくく、女性にも優しいですね。

自然素材にこだわってみる

24時間換気の目的は建物の建材などから発生する化学物質の濃度を下げることですが、そもそも、化学物質の出ない「自然素材」を使用した家づくりであれば、「健康」に関するリスク削減につながります。

建物の柱をはじめ、フローリング・ドア・階段・収納などに「無垢材(むくざい)」を使用したり、壁紙の代わりに「漆喰(しっくい)」や「珪藻土(けいそうど)」などを用いることにより、なるべく工業製品の使用を避けた、ホルムアルデヒドなどの化学物質の発生が少ない健康住宅が誕生します。


健康をオーダーする
安心をオーダーする
間取り・デザインをオーダーする
設備をオーダーする
仕様をオーダーする
安全をオーダーする

資料請求

来場予約

ホーム
来場予約