地震対策

日本の10年間の年間平均地震発生件数は、日本中どこでも大きな地震が起こる可能性があり、年間2782回、少ない年でも年間1300回の地震があります。

地震に強い丈夫な家をたてることが重要ですが、それだでは家族を守れません。

大地震の時に揺れない家をたてること、地震に強い丈夫な家をたてること、非常用電源になる防災発電屋根にすることが重要です。

耐震構造の家と、家具に転倒防止の装置をつけるだけでなく、基礎と建物の間に減震ブレーキを入れることでで800galの揺れを400galまで下げることができ、揺れのスピードが半分になるとエネルギーの量は4分の1になります。

また防災発電屋根をを取り付けることで、普段は太陽光発電で電気を節約したり、売電でローンを助けてくれるものですが、被災時に家電製品を動かすための電気として使用ができます。

 

       
Facebook Twitter Instagram

 

       

いえものがたりの太陽光発電所

太陽光発電所案件

住宅ローンセミナー

家づくりのためのQ&A

土地・住宅情報

ZEHについて

夢ハウスパートナー

athome

athome

株式会社RisingSun

資料請求

お問い合わせ